プロフィール

mylfe

Author:mylfe
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

amazon チェック

泳ぎ回る熱帯魚

おすすめサイト fc2

アマゾンおすすめ

ブログランキング

フリーエリア

舞妓Haaaan!!!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

メールはこちらから

感想などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ危機について

アメリカの貧富の格差に象徴されるようにヨーロッパ諸国でも同様であることに驚きを隠せません。

もっともマスコミの報道しか情報がないため、しかたがないことかもしれません。

共産主義より自由な社会、自由主義で自由競争を取り入れ自由な発想のもとに豊かな国家造りをめざす政治家により、国益を守り立派な国家が築かれた成果だと思います。

欧米諸国のように保守系の2大政党による国会運営は日本の政治家が理想とする姿で現実に実現しています。

おかげさまで、増税はタブーではないし、人件費を削減し労働者が働いて積み立てた年金をどう切り崩し、つまり、重箱のスミをつっいて、どうお金持ちの税金を節税し巨額のお金にありつけるかが、政治家の夢のようです。

この、うまみ、国民が投票し国政に送り出してくれた代表ですので、当然、恩恵に浸ります。


ところで、リナックスは、相変わらず進化していますぞ。!!

最近は、愚痴が多く、すみません!





スポンサーサイト

テーマ : パソコン初心者 - ジャンル : コンピュータ

TPPについて各党の対応

本日、NHKのニュースで沖縄県知事と北海道や徳島の知事が保守系の政党にTPPの参加反対について、申し入れをしたとの報道が、流れました。

本音はわかりませんがTPPに参加したいと考える民主党は勿論、自民党と公明党の党首にあい、TPPの参加に反対するよう申し入れをしたという報道がありました。
残念ながら日本共産党に申し入れたとの報道はありませんでしたが、勿論、共産党は最初からTPPの参加については反対であり、TPPの問題点を指摘してきた政党であるため、あえて各知事が、あらためて申し入れをしなかったのかしれません。

で、当事者である民主党は、さておき、野党である自民、公明の両党首の返答は党の閣議で議論し、検討するということで、即答ができないのが、気になります。

自民公明は、マスコミの報道を見る限り、TPPの参加に反対のようなニュアンスを受けていたのだが??

確かに、製造業の皆様はTPPの参加に賛成の立場のようですが、グローバル化の波に呑み込まれると中小の企業では、大資本の力の強さの元では、ひとたまりもないことは、目に見えているのですが?
つまり、順調に推移しているときは、グローバル化の波に乗って好調ですが、一旦、福島のようにトラブルが発生すると資産価値はゼロになってしまいます。一瞬の出来事です。

それが、自由競争の掟です。

もうひとつ、増税の影に法人税の減税もチラチラしています。
ところで、中小の企業で法人税を納めている企業はあるのでしょうか?
実際は、法人税を納めようとしても法人税を納めるほど収益が上がらないのが実状ではないでしょうか?
法人税を納められる企業は限られた企業しかないのが実状ではないでしょうか?
その限られた企業が減税分の5%の法人税が増税分と同じくらいの12兆円であると試算しているのが共産党です。


そんな巨額な金額だから経済界の会長米倉さんが税金を払う意欲がわかないのは理解できます。






テーマ : Linux - ジャンル : コンピュータ

グローバル化について

敗戦後、日本はアメリカナイズされた為か、やたらとカタカナに弱くなったようです。

グローバル化とは、国際化であると同時に自由化でもあると思います。
私は国際化と解釈していますが、マスコミや経済界の方は、どうやら後者の自由化を重点にして考えているようです。

もうひとつ、ローコスト経営を目指すというと、一見、無駄を省いて効率の良い経営と思いがちですが、大企業を先頭に人件費の削減が、主な目的で、極限に手抜きした製品を作り出す事が美化されているように思えてなりません。

ここで、ひとつ気になる点は、タイの洪水被害で日系企業が操業できないため、現地のタイ人を日本国内で就業させるために取り計らうとのことですが、タイで生産している製品を本家本元である日本で生産しようとしても、タイの技術者でないと製品を生産できる技術者が日本では、いないとの事です。
ここまでくるとグローバル化とは、本末転倒の様相を帯びているとしか考えられません。

そもそも、グローバル化、つまり、自由化の波とは、各国が関税の垣根を取り払う、すなわち、撤廃が主な目的であるのではないでしょうか?

関税の収入が無くなると、その穴埋めは関税を撤廃した国がその国の国民から徴収するしかないのではと危惧しています。

当然、税関や検閲などが縮小するため、自由に物資が行き来し、麻薬や劇物、得体の知れない病原菌などが、横行し、すばらしい自由奔放な未来が待ち受けていると思います。
力の強いものが生き残る世界ができます。
そのために、力のないものは、60歳までは生きていてても良いが、あとは野垂れ死にしようが生きるか解りませんが、とりあえず無年金でも68歳まで生きていたら積み立てていた年金を支給しましょうという議論が政治の世界で真剣に議論されています。


現在、アメリカでは、若者を中心に「国の99%は貧困であるわれわれで、1%は富裕層である」と自覚しデモを繰り広げていますが、どこまで富裕層の強力な力に対抗できるか疑問です。
というのはアメリカ社会は二大政党制で、どちらも保守系の政党でしかありません。
つまり、日本で言うなら民主党と自民党の二大政党というところでしょうか?

その点、日本では日本共産党という政党が存在することは、世界でも誇っても良いと思います。
あまり、マスコミが共産党を取り上げたくない気持ちは理解できます。
自分たちも1%の国民として生き残りをかけています。

これが、自由主義社会だ!!

規制なんて糞食らえ!!





テーマ : Linux - ジャンル : コンピュータ

タイの洪水被害について

タイの洪水被害が大きく報道されています。

世界の自然災害は、私の、いえ、私達の想像を超える想定外の災害だと思います。

この災害は、どこに起因するものか分かりませんが、宇宙の謎を解き明かすまでに発展した科学は、身近で現実に住んでいる地球の自然の謎を解き明かすことが、出来ないのが、現状の様です。

この未知な自然を崇めることが、神話を創り出す源であることは、古代から ※科学者 の生活の糧のようです。

※ 真に人々の為に考えて、真面目にコツコツと研究している科学者のことでは有りません!(注意)
国やマスコミで崇められている権威のある科学者のことを指します。
つまり、文部省推薦あるいはマスコミで好んで取り上げられる権威のある科学者のことです。偉い人で、所得の多い人のことです。
ここで面白いのは、科学者に求められる相対的理論よりも絶対的理論を主張し、私の理論は絶対的に正しいと押し切ってしまうのが、共通しているのが印象的です。

で、話がそれましたが、本題のタイにおいてマスコミの洪水被害報道で明らかになった点は、次の点が気になりました。

1、タイに進出している日系企業がやたらに多いように感じます。(想定外)
 進出している日系企業は、この洪水被害で12万人の雇用が心配ですとさ!
2、被害に合った日系企業の為に緊急融資を検討すると迅速に対応する政府
 半年も経っても3.11震災の復興支援がまとまらないし、財源を巡り増税案を提案するなどと、かなりの温度差を感じているのは、私だけでしょうか?
3、日本のマスコミが報道する内容なのでこの程度しか重い浮かびません。
 タイに進出している日系企業の被害報道が中心に見えてなりません!

                 以上






テーマ : UNIX/Linux - ジャンル : コンピュータ

カダフィ大佐の死亡について

イラクのフセイン大統領とイメージが重なるのは私の郷愁の思いでしか有りませんが!

中東地域での多民族、多宗教、様々な価値観、それは私にとって、理解できないことが多いし、それが、その地域で、ひとつの国家として存在したことは、その地域の特性として教訓として捉える必要があるのでは、ないかと思います。

古代文明、とりわけエジプトの黄金のツタンカーメンのマスク、そのマスクだけでも現在する大国の国家予算に値する物らしいですけれど、それほどの資金力を持ちながら歴史的に空白が生まれ、国家および莫大な財貨をともない墳墓として消滅した原因そのものが現在する学術調査でも解明されていないようです。
つまり、蓄財した財産が後世に生かされていないことです。
それは、古代の人達の考え方で、現在は民主的で違うと考える人もいるようですが、現在でも個人が途方もない蓄財を許している現状を思うと現在の世界においても、あまり変わらないし、歴史が発展していると思いません。

学術的に古代文明が解明されていない原因は、現代的に見ると民主主義、自由主義などという言語が発明され、古代と現代と分離した発想が邪魔をしているため、また、分離し、ロマン的に演出することにより真の歴史に迫れないのではないかと考えています。
つまり、人類の歴史的発展に迫るという迫力が乏しいのではと思っています。

民主化のために内戦を戦い多くの命を落とし一つのカリスマ性の統治者を倒しても多種の価値観や考え方がある方を真の民主化に導くことは難しい課題だと思います。

で、利権の為に言うことを聞かないカリスマ性のある人を倒しても、様々に利権を主張する民族や宗教、その有力者の意見の集約などは、カリスマ性を持った統一した方向性及び明確性よりも、ますます混乱する事態になるのではと危惧しています。





| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。